パームボールの投げ方と握り方 野球の変化球の投げ方・握り方&球速アップ方法研究所

カーブ・スライダー・シュート・シンカー・フォークボール・チェンジアップ・ジャイロボール! 目指せ、七色の変化球!!

パームボール

パームボールの変化パームボール、あるいはパームと呼ばれる変化球で、パーム(palm)というのは手のひらのこと。
指で握るのではなく、手のひらで包み込む様に握ることから付いた名前です。
指を全くかけずに投げる為、チェンジアップより更に回転が抑えられます。
結果、空気抵抗が強くなり、減速度合いや下方向への変化が大きくなります。
また、熟練すると極端に回転を抑えることが出来、ナックルボールに近い不規則に揺れる変化をさせることも出来ます。

パームボールの握り方とリリース

パームボールは手のひらで包み込むように握ります。
指先はすべて浮かせ、指の根元の関節で握ります。

パームボールの握り方1パームボールの握り方2パームボールの握り方3パームボールの握り方4

リリースは手首は使わずに指の根元で押し出すようにして行います。
握り方が特殊で非常に不安定な為、すっぽ抜けて見当違いの方向へ飛んで行ってしまったり、地面に叩きつけてしまったりと、初めはコントロールが難しいかもしれません。
リリース時の手首の角度やリリースポイントを調節して狙ったところに投げられるようになりましょう。

投げる時に最初から指を浮かせてボールを握っていると、打者に見破られてしまう可能性があるので、リリース付近までは指は浮かせずにボールに付けておくと良いかもしれません。

Copyright(C) 野球の変化球の投げ方・握り方&球速アップ方法研究所 All Rights Reserved