野球の変化球の投げ方・握り方&球速アップ方法研究所

カーブ・スライダー・シュート・シンカー・フォーク・チェンジアップ・ジャイロボール!?目指せ、七色の変化球!!

■ ステップ

ステップとはダウンに始まり、レッグアップで上げた足を本塁方向に踏み出す動作のこと。
投球動作において、球速・コントロール両方に深く関わる重要な動作です。

▽ ダウンからステップへ ▽

ダウンで斜め前に重心を落としていき、最終的には踏み出した足に完全に体重を乗せます。
ダウンでは斜め下に向かって重心を移動させましたが、ステップに移行するとほぼ平行移動となります。
(マウンドは山が造られ高くなっていますので、実際にはやや下方向も含みます)

ダウンの項目でお尻から倒れると書きましたが、お尻からステップに行くことを一般的に『ヒップファースト』と呼びます。
逆にお尻ではなく上半身(肩)から倒れていくことを『ショルダーファースト』と呼びます。
『ショルダーファースト』だと踏み出した足が着地した後も体が前に突っ込み過ぎてしまい、下半身のねばりが上手く使えなくなってしまいます。
また、お尻よりも肩よりも先に足が出てきてしまうパターンもあります。
ダウンの際、上半身が二塁方向に倒れ過ぎていると足が先に出る傾向があります。
この場合、足が先に出ている分だけ腰も回ってしまい、体の開きが早くなります。
下半身と上半身のタイミングがずれてしまい、これも下半身の力を上手く使えなくなります。
『ヒップファースト』で並進運動に入り、腰主導で体を並進させましょう。

▽ ステップ時の踏み出し足の動き ▽

ダウンからステップに移る時、踏み出し足は伸ばしきることが重要です。
伸ばしきることにより、踏み出す時により大きな遠心力がかかり、並進エネルギーも増すからです。

足は真っ直ぐ踏み出し、一塁側にも三塁側にも寄らないようにしましょう。
踏み出し足が着地した後はこちらの足に体重を乗せるので軸足がこの足へと変わります。
ここで大事なのは着地したときの膝の角度です。
180度に伸ばしきってしまうと突っ張ってしまい、ブレーキがかかってしまいます。
90度まで小さくしてしまうと踏ん張りが利かず、上体が前のめりになってしまいます。
120度前後が理想で、がっちり並進エネルギーを上手く受け止められ上半身のスピンに反映させられます。

Copyright(C) 野球の変化球の投げ方・握り方&球速アップ方法研究所 All Rights Reserved