野球の変化球の投げ方・握り方&球速アップ方法研究所

カーブ・スライダー・シュート・シンカー・フォーク・チェンジアップ・ジャイロボール!?目指せ、七色の変化球!!

■ ダウン

ダウンとはレッグアップ後に重心を落とす動作のこと。
ステップの開始動作であり、テイクバックの開始動作でもあります。

▽ ダウンはお尻から ▽

ダウンとは重心を落とすこと、というと簡単そうに思えますが、注意する事はいくつもあります。

図1まず1つ目は重心を真下に落とすのではなく、本塁方向に向かって落とすということ。(図1)
真下に落としたのではせっかくレッグアップで得た位置エネルギーを無くすことになります。
重心が前に動いていくので、軸足の足の裏の体重の乗り方も変わっていきます。
まず、レッグアップ時はしっかりと軸足を軸にしてバランスをとっている状態なので、足の裏全体に均等に体重が乗っています。
そこからダウンが始まり、重心が前に動いていくに連れて、足の裏の体重の乗りも土踏まずのある側へと移動していきます。
しっかり立とうという意識が残り続けていると膝が倒れず、本塁方向への重心の移動を阻害しかねません。
重心を前へ移動させているつもりでも、実際には膝を曲げてその場でお尻を突き出しているだけ、なんてことも。
また、左右のバランスも重要です。
レッグアップ時同様、つま先側やかかど側に偏ってはいけません。
例えば、上半身が前に倒れ過ぎているとつま先側に、起き上がり過ぎているとかかと側に体重が偏っている場合があります。(図2・図3)
偏ることで体が流れ、無理のある体の使い方になってしまいます。
膝も自然に倒れていく感覚で、倒れずに残ってしまうのはダメ、膝が内側に倒れ過ぎてしまうのもダメ 。
あくまで自然に。

ダウン全体の感覚としては、位置エネルギーを使ってお尻から本塁方向に倒れていく、という感じでしょうか。

Copyright(C) 野球の変化球の投げ方・握り方&球速アップ方法研究所 All Rights Reserved