野田 浩司のフォークボールの投げ方と握り方 野球の変化球の投げ方・握り方&球速アップ方法研究所

カーブ・スライダー・シュート・シンカー・フォークボール・チェンジアップ・ジャイロボール!?目指せ、七色の変化球!!

野田 浩司のフォークボールの投げ方・握り方

野田 浩司
(阪神タイガース~オリックスブルーウェーブ・1988~2000)



1試合19奪三振の日本記録の他、3年連続200奪三振や4試合連続2桁奪三振の記録を持つフォークボールの名手。
握りはオーソドックスで、人差し指と中指でボールを挟みます。
リリースの直前に力を入れて抜け過ぎないように固定。
リリースは上から引っ掛ける様にボールにトップスピンを与えるイメージで。
リリースの瞬間には、ボールを叩きつけるかのように手首のスナップを強く利かせてリリースします。
また、握りや力の入れ具合で球速や変化量を調節して投げ分けていたそうです。

Copyright(C) 野球の変化球の投げ方・握り方&球速アップ方法研究所 All Rights Reserved