野球の変化球の投げ方・握り方&球速アップ方法研究所

カーブ・スライダー・シュート・シンカー・フォーク・チェンジアップ・ジャイロボール!?目指せ、七色の変化球!!

■ ワンシーム

ワンシーム(ワンシーム・ファーストボール)はツーシームと並ぶストレートの亜種です。
ストレートが4回、ツーシームが2回の縫い目が現れるような向きで回転させるのに対し、ワンシームは1本の縫い目が見え続けるような向きで回転を与えます。
変化はツーシームのようにシュート方向に曲がりながらツーシームよりやや沈みます。
ツーシームより球速は出にくいですが、変化はツーシームより大きくなります。
パワーシンカーにも似ていて、ツーシームとパワーシンカーの中間といったところでしょうか。 縫い目1本の影響で変化させるため、リリースの角度や力のかけ具合で変化の仕方が変わりやすく、変化をコントロールするのが難しいかもしれません。

▽ ワンシームの握り方とリリース ▽

人差指と中指で1本の縫い目を両脇から挟むように握ります。
親指は下側の縫い目に。

ワンシームの握り方1ワンシームの握り方2ワンシームの握り方3ワンシームの握り方4

リリースはストレートと同じです。
特に変化を加えることなく投げても自然に変化します。

Copyright(C) 野球の変化球の投げ方・握り方&球速アップ方法研究所 All Rights Reserved