野球の変化球の投げ方・握り方&球速アップ方法研究所

カーブ・スライダー・シュート・シンカー・フォーク・チェンジアップ・ジャイロボール!?目指せ、七色の変化球!!

■ スラーブ

スラーブの変化スラーブとは、カーブとスライダーの中間の球種。
カーブよりやや低い特有の山なりの軌道から、スライダーに近い斜め下の方向に曲がります。
どちらかと言うとカーブに近いスライダーと言う感じです。
カーブのようにブレーキはかからず、スライダー程の鋭さも無いので、中途半端とも言える変化球。

ストレートとスラーブだけでは変化・緩急共に決め手に欠け、スラーブより球速のあるスライダーやカットボールと組み合わせることで真価を発揮するようになると思います。

カーブが上手く抜けなかった場合やスライダーが抜けた場合にスラーブになる場合があります。
と言うか、恐らくはそこから生まれた変化球ではないかと思います。

▽ スラーブの握り方とリリース ▽

握りは基本的にスライダーの握り。

スラーブの握り方1スラーブの握り方2スラーブの握り方3スラーブの握り方4

手首をチョップをする様に振ってリリースする点はスライダーと同じ。
手首の外側に向ける角度をやや大きくすることで抜きやすくし、リリースの際に手首の振りや指の力がボールに強くかからないようにします。

ここではスライダーを基本にしていますが、カーブの握りで余り抜かずに投げることでも同じような変化を狙えると思います。
色々試してみてしっくりくるものを探しましょう。

抜けば抜くほどカーブに近くなるので、変化や球速と相談して好みのスラーブを習得してください。

Copyright(C) 野球の変化球の投げ方・握り方&球速アップ方法研究所 All Rights Reserved