野球の変化球の投げ方・握り方&球速アップ方法研究所

カーブ・スライダー・シュート・シンカー・フォーク・チェンジアップ・ジャイロボール!?目指せ、七色の変化球!!

■ SFF(スプリット・フィンガー・ファーストボール)

SFF(スプリット・フィンガー・ファーストボール)の変化
メジャーリーグではフォークよりも一般的な落ちる変化球のSFF。
SFFは頭文字を取った略称で、正式名称はスプリット・フィンガー・ファーストボール(Split Finger Fastball)。

回転を抑えて投げるSFFは空気抵抗によって減速し落下します。
フォークよりも落下の幅は小さい変わりに球速があります。
変化は小さくとも球速があるのでバットを合わせるのが難しく、その特徴はゴロを打たせるのに適しています。

フォークほど挟み込まないので指の長さの制限も小さく、握力もそれほど必要ないので肘への負担も小さいです。

▽ SFFの握り方とリリース ▽

人差し指と中指を縫い目に沿えて握ります。
フォークの様に挟み込む必要は無く、人差し指と中指で上から押さえ、親指で下から支えます。

SFF(スプリット・フィンガー・ファーストボール)の握り方1SFF(スプリット・フィンガー・ファーストボール)の握り方2SFF(スプリット・フィンガー・ファーストボール)の握り方3SFF(スプリット・フィンガー・ファーストボール)の握り方4

手首は使わず、人差し指と中指でボールの外側を押し出す様にしてリリースします。

基本的に指の開き具合を大きくすると変化が大きくなって球速が落ち、手首を使うと変化が小さくなって球速が上がります。
好みのSFFを習得しましょう。

Copyright(C) 野球の変化球の投げ方・握り方&球速アップ方法研究所 All Rights Reserved