野球の変化球の投げ方・握り方&球速アップ方法研究所

カーブ・スライダー・シュート・シンカー・フォーク・チェンジアップ・ジャイロボール!?目指せ、七色の変化球!!

■ パワーシンカー

パワーシンカーの変化パワーシンカーとは、シンカーあるいはシュートの一種です。
高速シンカーやハードシンカーとも呼ばれます。
シンカーより速い球速でシュート方向に曲がりながら沈んでいきます。
速いシンカー、沈むシュートといったところでしょうか。
また、SFFにも近いものがあります。

オーバースローの立て振りより、腕を横振るフォームの方が自然に投げやすく、変化も大きくなります。

日本人では黒田投手や金子千尋投手が投げています。
また、岩隈投手の投げるシュートはパワーシンカーと呼べる変化をしていると思います。
日本ではあまり見かけませんがMLBではツーシームの延長上の変化球、シンキング・ファストボールとしてよく投げられています。

▽ パワーシンカーの握り方とリリース ▽

パワーシンカーはツーシームの握りを少しずらしたものです。
ツーシームとの違いは縫い目に対して少し角度をつけて握ります。

パワーシンカーの握り方1パワーシンカーの握り方2パワーシンカーの握り方3パワーシンカーの握り方4

リリースはシンカーよりもシュートに近いもので、ボールは抜かずにしっかり投げ切ります。
身体の開きを少し早くし、肩を前に出すようにして腕を振ってリリースします。
リリースの際、手首は立てずに寝かせるようにすることで、より変化が大きくなります。

Copyright(C) 野球の変化球の投げ方・握り方&球速アップ方法研究所 All Rights Reserved