野球の変化球の投げ方・握り方&球速アップ方法研究所

カーブ・スライダー・シュート・シンカー・フォーク・チェンジアップ・ジャイロボール!?目指せ、七色の変化球!!

■ オーバースロー

オーバースローは高い位置からリリースし、角度のあるボールを投げ込む投球フォームです。
オーバースローは腕を振り下ろす動作に重力の力も借りることができ、他の投球フォームに比べて球速が出やすいです。
また、球に角度が付き易いので、自然と打者に高低を意識させることができるピッチングになります。
そのため、力強いストレートを主体としたピッチングをする投手に多い投球フォームです。

▽ オーバースローからの変化球 ▽

オーバースローは比較的縦の変化を与えやすい投球フォームです。
縦カーブ、縦スライダー、フォークなどです。
高い位置から投げ下ろす縦の変化球は決め球として絶大な威力を発揮してくれることでしょう。
投げ難いとされている変化球はシンカーです。
無理に投げると肘に負担が掛かるとも言われていますので気を付けましょう。

▽ オーバースローの負荷 ▽

オーバースローは腕を高い位置から振り下ろす際に他の投球フォームに比べて重力の力を大きく借りることができます。
しかし、これは自身の筋力以外の力がより加わるということでもあります。
そのため、肩の負担には十分注意しなければいけません。
また、オーバースローは腕を高い位置に持って行くために上半身の傾きが大きくなります。
その姿勢は背筋や脇腹に負荷がかかります。
他にはオーバースローと直接の関係はありませんが、力押し主体のピッチングが多いため、力み過ぎが故障に繋がることもあるので気を付けましょう。

Copyright(C) 野球の変化球の投げ方・握り方&球速アップ方法研究所 All Rights Reserved