WBC2017 準決勝 日本1-2アメリカ

WBC準決勝、日本対アメリカは白熱した投手戦になりましたが、最後はアメリカが内野ゴロの間に挙げた1点が決勝点となり、1-2でアメリカが勝利しました。日本は前回に引き続きベスト4で敗退となります。
んー、非常に悔しい試合になりましたね。結局勝敗を分けたのは守備のミスでした。菊池のミスしかり、松田のミスしかり。厳しい戦いになればなるほど、小さなミスも許されないということでしょう。
投手陣は6安打2失点と、メジャーの打者陣と互角以上に戦えましたが、打者陣は名だたるメジャーの投手陣に封じられたように感じます。今日投げたアメリカ投手陣はフォーシームを投げず、ツーシームカットボールを主体とする投手ばかりでした。現在日本はまずフォーシームありきのピッチング、あるいは育成ですが、今後はファストボールというまとめ方で、フォーシーム以外をファストボールの軸にする投手の登場が日本の野球レベルを上げるために必要なのかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました