2019年01月一覧

“リクエスト制度”の対象プレーが拡大 コリジョンや危険スライディングが追加

先日、プロ野球12球団の監督が集まって行われる監督会議が行われました。
その場でNPBから”リクエスト制度”の適用範囲拡大が通達されました。
リクエスト制度導入初年度だった昨季はアウトセーフの判定にのみビデオ判定のリクエストを行うことができました。
それに加えて今季はコリジョンルールの適用が疑われるプレーとランナーの危険なスライディングの疑い、そして危険球の判定の際に投球が頭部付近に当たったのかどうかの判断にリクエストを行うことができるようになります。
これらのルールは選手を守るために作られたルールなので、正確に判定される機会が与えられることは歓迎すべきことでしょう。
審判にとってもアウトセーフ以外にもルールが増えた今、正しい判定をした上で試合を進める助けになってくれるはずです。 球場の観客が置いてけぼりにされる可能性には十分配慮しなければいけませんが、映像で観戦している人にとっては新しいルールであるコリジョンや危険スライディングについて理解を深めるいいタイミングになるかもしれませんね。
リクエスト制度自体についても正確なルールをわかっていないので、この機会にしっかり調べてみたいところ。


丸の人的補償は長野に決定 内海に続いてまたベテラン生え抜きが移籍

今日巨人にFA移籍した丸の人的補償が長野に決まったという報道がでましたね。
午前中の段階では東スポのみだったので半信半疑だったのですが、午後になって各新聞社が報じ始めたのでほぼ確定でしょう、と書いていたら巨人から発表がありました!
ベテラン生え抜き放出という感情的な部分はさておき、戦力として見れば丸>長野なのは間違いないでしょう。数年前ならともかく今は。
なので巨人は純粋に戦力アップ。
広島も1億ほどの金銭補償があることから2億3千万といわれる長野の年俸も半額で済むため、やや割高感はありますが丸の抜けた外野を埋められる選手が獲得できたのは悪くないと言えるでしょう。
このFA移籍絡みで一番損をするのは間違いなく長野でしょう。
愛を持って入団した巨人から放出され、何よりよほどの活躍をしない限りおそらく1年後には大幅減俸が待っています。
頑張れ長野!


2019年も野球ざんまい!

あけましておめでとうございます!
丸の人的補償が誰になるのか楽しみにしていたら年が明けてしまいました。
今年は丸や浅村といったFA移籍した選手や、金子や岩隈など復活を賭けて移籍した選手の活躍が楽しみなシーズンになりそうです。
少し先になりますが年末に第2回WBSCプレミア12の開催が予定されている他、来年夏には東京五輪も迫っていることもあり、日本代表の活動が楽しみな一年でもあります。
プレミア12は前回優勝を逃しているので、今回はぜひ優勝して欲しいですね。