2018年10月一覧

2018年ドラフト会議 注目の大阪桐蔭・根尾は中日ドラゴンズ!

25日にプロ野球ドラフト会議が行われ、総勢104名が12球団に指名されました。
今年は即戦力となる大学生・社会人が小粒という判断だったのか、1順目では高校生の指名が過去最多となりました。
注目の根尾、藤原(共に大阪桐蔭)ですが、根尾は4球団が競合の末中日ドラゴンズに、藤原は3球団が競合の末千葉ロッテマリーンズが交渉権を獲得しました。
また、報徳学園・小園も根尾と並ぶ4球団が指名、抽選の末に広島カープが交渉権を獲得しました。
今年の夏の甲子園で話題になった金足農の吉田は1順目の指名はなく、2順目で日ハムが単独指名しました。
今年は高校生が中心となったドラフトでしたが、ルーキーイヤーから1軍で見られる選手が現れるのか、数年後に満を持して上がってくるのか、楽しみですね!


2018年日本シリーズは広島カープvs福岡ソフトバンクホークス

セパ両リーグの日本シリーズ出場チームが決定しました。
セ・リーグはリーグ優勝した広島カープが圧倒的な強さで日本S進出を決めた一方、パ・リーグは西武ライオンズがソフトパンクホークスに敗れる下剋上が。
広島は投打が安定していましたが、西武は投手の乱調を最後まで立て直すことができませんでした。
共に昨季のリーグ優勝チームですが、昨季は広島がクライマックスシリーズで敗れたため実現しなかったカードです。
さて、どんな試合を見せてくれのでしょうか。楽しみです。


巨人・菅野がポストシーズン初のノーヒットノーラン!

セパ両リーグのクライマックスシリーズが始まりましたが、セでは3位巨人が連勝でヤクルトを下して広島への切符を手にしました。
しかも球界を代表するエース・菅野がヤクルト打線をノーヒットノーランに抑えるという素晴らしいピッチング。
四球1つという準完全試合で、菅野はシーズンから先発4試合連続完封という異次元の結果を残しています。
ヤクルトは初戦を落とした時点で厳しい戦いになることを覚悟していたと思いますが、菅野の壁は想像以上に高かったですね。


セパ両リーグのCS進出チームが決定!

巨人がセ3位を決めたことにより、セパ両リーグのクライマックスシリーズ進出チームが出揃いました。

セ・リーグは1位広島・2位ヤクルト・3位巨人。
広島は余裕を持っての3連覇、ヤクルトは2015年優勝時以来のCS進出、巨人は2年ぶりとなります。
パ・リーグは1位西武・2位ソフトバンク・3位日本ハム。
西武は圧倒的打力で昨年2位から順位を上げての優勝、ソフトバンクは西武と入れ替わるように2位に転落、3位日本ハムは2年ぶりとなります。
みなさんはそれぞれどのチームが日本シリーズに進むと思いますか?
優勝チームがリーグ戦同様強さを見せつけるのか、それとも下剋上があるのか、楽しみですね。