プロ野球一覧

巨人・上原浩治が現役引退

昨日、巨人の上原浩治投手が現役引退を表明しました。
巨人に入団してからメジャーリーグを経て21年間、数々の快挙を成し遂げてきた平成の名投手です。
セで上原、パで松坂がプロデビューした1999年の熱狂はイチローの200安打達成と並んで平成プロ野球史でもトップだったのではないでしょうか。
球速以上に感じる伸びのあるストレートと微妙な変化を付けて投げるフォークボールを完璧なコントロールで投げ分け、日米通算100勝100ホールド100セーブという大記録も達成しました。
気になるのは現状基準を満たしていない名球界入りです。
柔軟に対応するのかどうかですが、たとえ名球界に入らなくてもその成績が色褪せることはありませんね。


カード一巡でセ・リーグ最下位はまさかの広島カープ

プロ野球のシーズンが開幕して対戦カードが一巡しました。
順位表を見て一番の驚きは、セ・リーグ3連覇中の広島カープが最下位に沈んでいることではないでしょうか。
とにかく打線が点を取れないのに加え、投手もピリッとせず、野手は守備でもミスを重ねています。
昨季からは想像もできなかったチーム状態となっています。
パ・リーグでは昨季日本一のソフトバンクが堅調に首位をキープ。
しかし柳田を初め怪我人が多く、こちらも厳しい状況です。
長いシーズンのまだ最序盤ですが、上位チームの勢いはどこまで続くのか、下位チームの巻き返しはあるのか、注目です。


球春到来!日本プロ野球開幕

日本プロ野球開幕!
今年もついに始まりました。
野球界のニュースとしてはイチローの引退というとても大きなものがありましたが、日本プロ野球界ではどんなドラマが観られるのか。
とても楽しみですね!


残念ながら中日・松坂は開幕絶望

先日、右肩を負傷した中日・松坂ですが、やはり開幕は絶望的のようですね。
ファンとの接触時に腕を引かれたことが原因とされています。
きちんとしたファンサービスの場ではなく、もみくちゃにされた中での出来事との話もあります。
もみくちゃになる中で握手をしようとした人が無理な角度に手を引いてしまい、結果的に肩が亜脱臼を起こす様な形になってしまったのかもしれません。
サインの転売問題と合わせ、ファンのモラルが問われています。
また、球団の警備体制も再考する必要があるでしょう。
ファンあってのプロ野球との主張もあるでしょうが、素晴らしいプレイを見せてくれる選手がいてこそのプロ野球でもあります。
この出来事をきっかけに、より良い方向に進めればいいですね。


2019年も球春到来!

球春到来!
ということで、各球団が一斉にキャンプインしました!
今日からまた野球の話題が活発になってきますね。
応援している球団や選手の他にルーキーや移籍した選手、新外国人助っ人などチェックしたいニュースが盛り沢山です。
開幕まであと2か月、乗り遅れないようにしなければ!


“リクエスト制度”の対象プレーが拡大 コリジョンや危険スライディングが追加

先日、プロ野球12球団の監督が集まって行われる監督会議が行われました。
その場でNPBから”リクエスト制度”の適用範囲拡大が通達されました。
リクエスト制度導入初年度だった昨季はアウトセーフの判定にのみビデオ判定のリクエストを行うことができました。
それに加えて今季はコリジョンルールの適用が疑われるプレーとランナーの危険なスライディングの疑い、そして危険球の判定の際に投球が頭部付近に当たったのかどうかの判断にリクエストを行うことができるようになります。
これらのルールは選手を守るために作られたルールなので、正確に判定される機会が与えられることは歓迎すべきことでしょう。
審判にとってもアウトセーフ以外にもルールが増えた今、正しい判定をした上で試合を進める助けになってくれるはずです。 球場の観客が置いてけぼりにされる可能性には十分配慮しなければいけませんが、映像で観戦している人にとっては新しいルールであるコリジョンや危険スライディングについて理解を深めるいいタイミングになるかもしれませんね。
リクエスト制度自体についても正確なルールをわかっていないので、この機会にしっかり調べてみたいところ。


丸の人的補償は長野に決定 内海に続いてまたベテラン生え抜きが移籍

今日巨人にFA移籍した丸の人的補償が長野に決まったという報道がでましたね。
午前中の段階では東スポのみだったので半信半疑だったのですが、午後になって各新聞社が報じ始めたのでほぼ確定でしょう、と書いていたら巨人から発表がありました!
ベテラン生え抜き放出という感情的な部分はさておき、戦力として見れば丸>長野なのは間違いないでしょう。数年前ならともかく今は。
なので巨人は純粋に戦力アップ。
広島も1億ほどの金銭補償があることから2億3千万といわれる長野の年俸も半額で済むため、やや割高感はありますが丸の抜けた外野を埋められる選手が獲得できたのは悪くないと言えるでしょう。
このFA移籍絡みで一番損をするのは間違いなく長野でしょう。
愛を持って入団した巨人から放出され、何よりよほどの活躍をしない限りおそらく1年後には大幅減俸が待っています。
頑張れ長野!


2018年の日本一が福岡ソフトバンクホークスに!

2018年の日本一が福岡ソフトバンクホークスに!
福岡から広島に戻って行われた第6戦、ソフトバンクがホーム3連勝の勢いそのままに勝利し、4連勝で日本一を決定しました。
ソフトバンクはリーグ2位からの日本一となりましたが、クライマックスシリーズから勢いがありましたね。
日本シリーズMVPは捕手の甲斐。
6連続盗塁刺かつ許した盗塁は0と、広島の機動力を完全に封じ込めたのですから納得です。
盗塁を許さないためには投手の牽制やクイックも重要ですから、肩や送球だけでなく投手との意思疎通や投手側の努力というのも評価すべきところでしょう。
広島は機動力を封じられたことで、打線に焦りと力みの出たところがあったのかもしれませんね。

続きを読む


2018年ドラフト会議 注目の大阪桐蔭・根尾は中日ドラゴンズ!

25日にプロ野球ドラフト会議が行われ、総勢104名が12球団に指名されました。
今年は即戦力となる大学生・社会人が小粒という判断だったのか、1順目では高校生の指名が過去最多となりました。
注目の根尾、藤原(共に大阪桐蔭)ですが、根尾は4球団が競合の末中日ドラゴンズに、藤原は3球団が競合の末千葉ロッテマリーンズが交渉権を獲得しました。
また、報徳学園・小園も根尾と並ぶ4球団が指名、抽選の末に広島カープが交渉権を獲得しました。
今年の夏の甲子園で話題になった金足農の吉田は1順目の指名はなく、2順目で日ハムが単独指名しました。
今年は高校生が中心となったドラフトでしたが、ルーキーイヤーから1軍で見られる選手が現れるのか、数年後に満を持して上がってくるのか、楽しみですね!


2018年日本シリーズは広島カープvs福岡ソフトバンクホークス

セパ両リーグの日本シリーズ出場チームが決定しました。
セ・リーグはリーグ優勝した広島カープが圧倒的な強さで日本S進出を決めた一方、パ・リーグは西武ライオンズがソフトパンクホークスに敗れる下剋上が。
広島は投打が安定していましたが、西武は投手の乱調を最後まで立て直すことができませんでした。
共に昨季のリーグ優勝チームですが、昨季は広島がクライマックスシリーズで敗れたため実現しなかったカードです。
さて、どんな試合を見せてくれのでしょうか。楽しみです。