プロ野球オールスターは1勝1敗 シーズンは後半戦へ

金土曜日の二日間でプロ野球オールスター戦が開催されました。
ホームランダービーでは鈴木誠也が優勝しました。
オールスターの試合はセパ共に1勝ずつとなりました。
第2戦はセ・リーグも連敗が続いていた中での打線爆発、久々の勝利。
少々物議を醸すプレーもありましたが、雨の降り止まない中、球場の人たちは盛り上がることができたのではないでしょうか。

また、放送席に来てくれた千賀投手や菅野投手が変化球の握り方を解説してくれました。
このあたりもオールスターならではですね。
さて、明日からはシーズン後半戦がスタートします。
セは巨人が、パはソフトバンクが独走態勢に入りつつあります。
この2球団の独走を止められる球団が現れるのか!? 他の球団の活躍に期待したいです。


田中将大がメジャーリーグオールスターに初登板初勝利!

今朝、メジャーリーグでオールスターが開催されました。
予定通り田中将大投手が2回に2番手で登板し、1回を内野安打1本の無失点に抑えました。
しかもオールスターでは初の日本人勝利投手に。
素晴らしいですね!。
後半戦もまずはリーグ優勝に向けて快投を重ねて欲しいです。

続きを読む


明日はMLBオールスター! マー君こと田中将大は2番手で登板予定

日本時間の10日、メジャーリーグではオールスターが開催されます。
日本人選手ではマー君こと田中将大投手が辞退した選手の代役として滑り込みで選出されています。
メジャーリーグのオールスターは日本と違い真剣一発勝負になります。
そんな中で田中は2番手で登板予定。
田中は選出はルーキーイヤー以来の2度目ですが、出場すれば球宴初登板となります。
勝利に貢献するピッチングを期待したいですね!


ショウタイム! 大谷翔平がMLB日本人初サイクルヒット達成

大谷翔平がMLBでは日本人初のサイクルヒットを達成しました!
第一打席で本塁打、第二打席は二塁打、第三打席に三塁打、そして第四打席で安打を放ち、サイクルヒットを達成。
長打が打てて足もある大谷ににはさほど難しくないのでは?と思ってしまうほどすんなり記録しましたね。
この1度に限らず、生涯で何度もやってくれるんじゃないかという期待もしています。
続きを読む


日ハムドラ1・吉田輝星が1軍デビュー戦で初勝利!

昨年夏の甲子園を沸かせた準優勝右腕がプロデビュー!
日本ハムファイターズの吉田輝星が1軍初登板で初勝利を挙げました。
吉田は5回を投げ4安打1失点4奪三振と好投し、勝利投手の権利を持って降板。
後を継いだリリーフ陣もしっかり押さえ、見事プロ初勝利となりました。
2軍での前回登板では炎上し、1軍登板を不安視されていましたが、起用してくれた栗山監督の期待に応えましたね。
「ストレートがスピードガン以上」や「ストレートがカット気味に来ていた」という広島打線のコメントがあります。
このストレートが大きな武器なのは間違いないですね。
今後も1軍で投げるのかはわかりませんが、大きく成長して欲しいですね。
続きを読む


MLBの舞台で大谷翔平と菊池雄星の対決が実現

昨日、MLBの舞台でエンゼルス・大谷翔平とマリナーズ・菊池雄星の花巻東高校の先輩後輩対決が実現しました。
先日のチャンスでは大谷が出場をせずに対戦が実現しませんでしたが、今回はエンゼルスの監督が明言していた通りスタメン出場で対戦が実現しました。
結果は3打席で本塁打を含む2安打1打点と、大谷に軍配が上がりました。
菊池は乱調で、3者連続本塁打(3人目が大谷)を打たれるなど4回途中7失点でノックアウト。
この日は活躍した大谷も今日の試合では3三振と、菊池と同じく調子に乗り切れないシーズンが続いています。
ここからの巻き返しに期待したいですね。
続きを読む



巨人・上原浩治が現役引退

昨日、巨人の上原浩治投手が現役引退を表明しました。
巨人に入団してからメジャーリーグを経て21年間、数々の快挙を成し遂げてきた平成の名投手です。
セで上原、パで松坂がプロデビューした1999年の熱狂はイチローの200安打達成と並んで平成プロ野球史でもトップだったのではないでしょうか。
球速以上に感じる伸びのあるストレートと微妙な変化を付けて投げるフォークボールを完璧なコントロールで投げ分け、日米通算100勝100ホールド100セーブという大記録も達成しました。
気になるのは現状基準を満たしていない名球界入りです。
柔軟に対応するのかどうかですが、たとえ名球界に入らなくてもその成績が色褪せることはありませんね。


球質の重い軽いとバックスピントップスピンについての質問

先日、質問を頂きました。ありがとうございます。
質問の内容は以下の様なものです。

『球質の違いとは?~球の伸びと切れ・重い軽い~のコラムの中で「”打球に強いバックスピンを与えてしまう球”とはどんな球なのか。それは”強いバックスピンの球”です」とありますが、いわゆる”伸び”のあるストレートは、強いバックスピンの球ですが、これは投手から見たバックスピンであって、打者から見るとトップスピンになります。即ち「”伸びのある球”は”軽い球”」ではないのではないでしょうか』

実は何か月か前にも同じ質問をいただいてまして、その時に記入してあったメールアドレスにお返事したのですがうまく疎通ができなかったようです。
なので、今回はこの場でお答えしたいと思います。

続きを読む


カード一巡でセ・リーグ最下位はまさかの広島カープ

プロ野球のシーズンが開幕して対戦カードが一巡しました。
順位表を見て一番の驚きは、セ・リーグ3連覇中の広島カープが最下位に沈んでいることではないでしょうか。
とにかく打線が点を取れないのに加え、投手もピリッとせず、野手は守備でもミスを重ねています。
昨季からは想像もできなかったチーム状態となっています。
パ・リーグでは昨季日本一のソフトバンクが堅調に首位をキープ。
しかし柳田を初め怪我人が多く、こちらも厳しい状況です。
長いシーズンのまだ最序盤ですが、上位チームの勢いはどこまで続くのか、下位チームの巻き返しはあるのか、注目です。