野球の変化球の投げ方・握り方&球速アップ方法研究所

カーブ・スライダー・シュート・シンカー・フォーク・チェンジアップ・ジャイロボール!?目指せ、七色の変化球!!

■ アンダースロー

アンダースロー、別名サブマリン投法は身体を屈め、地面スレスレの位置でリリースする投球フォームです。
球速は他の投球フォームより大きく落ちますが、その独特のリリースポイントとリズム、アンダースローの投手が少ないという希少性が高い価値を持っています。
球速では勝負できないので、慣れない球筋からの変化球と多彩な投球術で打者を翻弄しましょう。

▽ アンダースローからの変化球 ▽

アンダースローはまずストレートそのものが変化球のような印象を打者に与えます。
下から浮き上がるような球筋は他の投球フォームとは印象が全く違います。
それはストレートだけでなく他の変化球にも当てはまります。
カーブやスライダー、シンカーなどは有効な武器になるでしょう。
また、サイドスローと同じくフォークは投げ難い球種となっています。

▽ アンダースローの負荷 ▽

アンダースローのリリースは強く腕を振れるものではないため、肩や肘への負荷は小さいです。
代わりに負荷がかかるのは下げた重心を支える腿・膝・ふくらはぎの下半身や、傾けた上半身を支える脇腹や背筋などの腰回りです。
故障防止の為にも多少の疲労ではびくともしないバランスを手に入れるためにも、体幹は重点的に鍛えても損はないでしょう。

Copyright(C) 野球の変化球の投げ方・握り方&球速アップ方法研究所 All Rights Reserved